Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ミミズ箱5.1号β


f:id:brobroski:20180510224648j:plain

 

大型ミミズの亜成体から成体への成長を実現する

このミミズ箱​5.1号βは、ミミズ箱5号βと全く同じ箱で、まったく同じ個所に通気孔と通水穴を施してある。

 

2018年までのフトミミズ飼育実験において、水を循環させるフロースルー型容器でヒトツモンミミズっぽいミミズに続いて大型のノラクラミミズっぽいミミズの飼育も数か月間にわたって可能であることが示されてきた。

 

同時に行ってきたフトミミズ床土の園芸利用の実験によって、上記の実験において主に使用してきたトイレットペーパーと腐葉土をミキシングしたミミズ床土「NPS2.0-F」は、植物もろくに育たないほどの不毛の床土であることもわかってきた。

 

フトミミズ園芸2018 へ

 

これまでの実験からも、一定の成果は認められる。しかしその「実験」を通して何度も確認してきたことであるが、そもそもフトミミズは、シマミミズのように年がら年中繁殖して増えるものではない。そして経験と文献から、フトミミズには種によって多年性のものと単年性のものが存在していることがわかっている。年がら年中繁殖しているシマミミズとは勝手が違う。

 

これまでの実験では、偶然、「もう1年生きる」状態のものを捕獲してきて、冬を越したと喜んでいた・もしくは、「もう寿命が尽きそう」な状態のものを捕まえてきて、「すぐに力尽きる」と嘆いていたという可能性もあるということだ。そういうことを見据えて、実験計画を見直さなければならないのである。世の中は単純にはできていないものだ。ミミズに関する勉強は長い目で見ていかなければならない。

 

スポンサーリンク
 

 

目次

 

並行して行った園芸実験で明らかになったこと

 

冒頭で述べた実験結果を考慮に入れると、植物の育成に関しては「NPS2.0-F(成分・製法はミミズ箱1号α参照)」は明らかに栄養不足だと言える。この事は、ミミズにとってもかなり過酷なのではないかと推測できる。

 

なぜなら、ニワトリかタマゴかはさておき、野生のミミズが植物の存在しない土から採れることはないからだ。粉砕した腐葉土と混ぜているとはいえ、基材がトイレットペーパーではやはり豊かな土壌たりえないのである。

 

植物も育ちうる新しいミミズ床土を考案する

 

植物の育ちそうなもので、かつ、「NPS2.0-F」のように保水性を持ち、通水しても団粒構造を維持して水はけがよく、ミミズのエサになり・・・

 

実現できれば、ミミズにとっても都合が良い可能性が高いが、これはなかなか厳しい。根本的に考え方を改めての床土の考案が必要だ。私は長い冬の間に考えをめぐらせ、土だけを作る実験を幾度となく行った。その結果、以下のような配合の土を考案した。

 

腐葉土 10リットル(水約10リットルを加えて混合し、ミキサーをかける)
②ケト土 4リットルを加えてダマがなくなるまで溶かす
③鹿沼土 5リットル、川砂  2 リットルを加えて良くかき混ぜる

 

バケツで混ぜた後に新聞紙の上に広げて水切りをし、土全体がほろほろと崩れるくらいになったところで袋に入れて保管する。

 

この土をFK3.0と命名する。一応、この配合にした根拠を述べておこう。

・ケト土は水生植物の腐植であるため、ミミズが食べる可能性がある

・川砂はケト土の粘土質を適度にほぐしてくれる役割を担っている

・鹿沼土は床土全体に通気性を付与するためにいれてある

・全体に程よくエサとなる腐葉土を分散させたかったので粉砕している

 

 

植物が育つかどうかはこのミミズ飼育実験と並行して行うフトミミズ園芸実験2019で確認する。

 

フトミミズ園芸実験2019へ(作成中)

 

春先に採集される亜成体ミミズの育成を行う

さて、この箱で最初に行うのは、冠帯の出ていない亜成体→成体への育成実験である。何故かというと、亜成体であれば飼育方法は今まで通りでもうまくいく可能性が高いからである。他にやらなければならない実験は、

・成体→卵胞

・卵胞→幼体

・幼体→亜成体

とたくさんあるが、もっとも簡単であると考えられる部分から始めているというわけだ。

 

 2019/04/06、6匹の亜成体を投入

 

ミミズ箱5.1号βにFK3.0を箱の容積の3/4ほど入れ、冠帯が未完成な亜成体ノラクラミミズっぽいミミズを6匹、投入した。

f:id:brobroski:20190416223207j:plain

f:id:brobroski:20190416223201j:plain

1か月を目途にミミズ捜索を行う。なお、週に2リットル、カルキ抜きを済ませた水を容器のふたを開けて入れることにする。この水は土に染み込み、箱に設けられた排水穴から排出される。

 

 

ミミズ箱1号αへ

 

ミミズ箱2号αへ

 

ミミズ箱2号βへ

 

ミミズ箱3号αへ

 

ミミズ箱4号αへ

 

ミミズ箱5号βへ

 

ミミズ箱から得られた知見へ

 

飼育箱と寝床選びに戻る

 

フトミミズ飼育に戻る