Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

フトミミズ園芸実験2019


あたらしい床土のテスト

 

紙を基材にしたフトミミズ飼育床土の実験がひと段落した。これに伴って、ミミズ飼育床土の開発も新たな段階に入った。2019年から、フトミミズ飼育実験でもケト土と腐葉土をベースにした土を新たに開発したので、この土で植物がどのように育つのかというのは当然調べておかなければならない。

 

今年使う土は「FK3.0」と名付けた。作製法はミミズ箱5.1号βのページで紹介しているので参照いただきたい。

 

ミミズ箱5.1号βへ

 

2019年は、3つの鉢を用意した。命名方法は2018年と同じである。左から、リファレンスとして市販の培養土を使う「R」、ミミズ飼育用に作製した床土KF3.0を使って水だけを与えるニュートラル「N」、「N」と同じ土を使用して週に1度、ミミズ箱に注水した廃液を与える「β」である。

f:id:brobroski:20190503124757j:plain

なお、去年と異なり「α」が存在しないのは、新しい土でのα型飼育を行っていないからである。必要があれば今後行う可能性はあるが、今のところ予定していない。

 

 

スポンサーリンク
 

 

目次

 

 

「R」で使用する市販の培養土

「R」では以下の土を使用する。特に選定基準は無いが、2018年の実験と同じものである。2018年では問題なくヒマワリが育ったので変更はしなかった。

 

育てる植物の品種

実験では、背丈が1mくらいになるヒマワリを育てる。これも2018年と同じものである。前ページの「フトミミズ園芸」を参照されたい。このヒマワリは、2018年実験時に床土の状態によって著しく成長速度が違ったので、園芸実験用としては優れたヒマワリだと思う。

 

2019/05/04 ヒマワリの種を蒔く

今年も2018年の実験と同様に、各鉢に3つの種を蒔いた。発芽したもののうち、生育のよさそうなものを一つ残す予定である。経験上、発芽には土の良さは関係なさそうだ。

 

2019/05/12 ヒマワリの種9個が無事全て発芽

各鉢に3つずつ蒔いた種は全て発芽した。

R

f:id:brobroski:20190512095503j:plain

β

f:id:brobroski:20190512095524j:plain

N

f:id:brobroski:20190512095543j:plain

Rの鉢だけ見づらいが、ひとつが殻をかぶっているためである。もう少し様子を見た後、一番生育の良いモノを残して残りは抜き、比較実験に移る。

 

2019/05/18 発芽したもののうち育てるものを決定

それぞれの鉢について発育の良い1本を残し、他の芽を摘み取った。

 

R

f:id:brobroski:20190518125356j:plain

β

f:id:brobroski:20190518125416j:plain

N

f:id:brobroski:20190518125440j:plain

これから、ミミズ飼育実験と並行してこれらのヒマワリの成長具合を考察しながら楽しんでいくことになる。今年は枯らさずに花を咲かせられるだろうか。よく考えたら去年の「ヒマワリを枯らす」という芸当は大したものだったと思う。ヒマワリなんて放置してもそうそう簡単に枯れるものではない。実験だから仕方ないが、あれのおかげでミミズの実験が大きく動いたのである。ヒマワリの犠牲に感謝だ。

 

2019/05/25 速度差はあれど成長を確認

 

市販の培養土というのはさすが専用だけのことはあるが、今年は私が開発した土も植物を意識しているので検討を願いたいものだ。

 

R

f:id:brobroski:20190525110249j:plain

 

β

f:id:brobroski:20190525110301j:plain

 

N

f:id:brobroski:20190525110317j:plain

 

去年は2鉢ほどこのへんで成長が止まってしまったのだから恐ろしい。今年はせめて3輪のヒマワリが見たいものだ。

 

フトミミズ園芸へ

 

フトミミズ園芸実験2018へ