Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ライギョの夏はまだ始まったばかり

スポンサーリンク

ナマズとライギョのセット記事を書くのは何度目でしょうか。別に同じ釣り方をしたらセットで釣れるというものではないです。ナマズが釣れたら翌日ライギョが釣れる(あるいは狙って釣りに行く、もしくはその逆)というというパターンが数回続いただけですよ。

季節的にはやはり夏の釣りものとして非常に魅力的なのが共通点です。真夏のド派手な淡水ルアーフィッシングではナマズとライギョは最高の釣りものでしょう。バス?今回はバス狙っててこういうのもなんですが、それもいいけど、ナマーさんとラー様はとても素晴らしい釣りものですよ。外道なんて言わないで。

 

とはいえ今回は(今回も)バスをメインターゲットとして釣りに行ってのこの結果でございます。そう、バスを狙っててライギョを釣りました。

 

スポンサーリンク
 

 

ポイント近所の池。割とデカいバスがいるこの池で、今年の新テーマである安物のデカいルアーでバスを釣ろうというのが狙いだったわけです。

 

でもこの池には高密度でライギョが生息していることは承知していました。だからではないですが、タモも完備。ペンチを2本携行です。

人の少ない午前中。ボチョンボチョンと気持ちよくデカいルアー(後にブラックバスコーナーで公開予定)を遠投していきます。

遠投して木陰を速めに引いてきたときでした。水面癌ヌッと盛り上がってバフッと勢いよくバイト発生!巻アワセでかかったようです!

…重い!ぐん、ぐん、と引きます。いやバスじゃないよねこれは。すぐにわかりました。ライギョだと。そこまででっかくもなさそうですし、糸は強いのでガーッと寄せてきてしまいます。

​無事ネットインしたのがこちらです。

f:id:brobroski:20180118192721j:plain

うーん、バス狙ってるんですけどね。さあこの新企画、いつになったらバスが釣れるのでしょうか。ナマズはともかく、捕食行動が視覚メインと思われるライギョが釣れるんならバスが釣れる日も近いであろうと推測されますが、先が思いやられます。

でもボウズで帰るよりははるかに良いですよね、というか外道っていう概念が薄い私のような人間はこれで大満足なんですよ。今日も最高の釣りたでした。ただ、企画が一応バス釣り対応してるっていうだけで、これも行動して見ないと分からない事なのでバスが釣れないとなったらそれはそれで構わないんです。だったらライギョとナマズの釣り方として公開すればいいんですからね(笑)

タックルやルアーについては後にゆったり公開しますので、生暖かく見守ってやってくださいな。