Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ライギョ、降参のポーズ

スポンサーリンク

釣りのブログ更新が滞るということは、私が釣りに行っていないか、釣りに行っても釣れていないかのどちらかだということです。

ちょっとバタバタしてて行けてない日の方が多いですかね。

 

釣れない日はボウズならボウズで良いんですが、それをわざわざweb上にアップする意味はないでしょう。

 

さて今日は、遠投小物釣り用タックルに糸を巻きなおしたので試し投げ兼、何か見えた物釣る釣行でした。

 

見えていたのは、ライギョでした。

 

なので、試そうと思ってた小物タックルはとりあえず放っておきます。ライギョ釣ってからね。

リグったのはガルプ!ホッグ3インチ(秘伝のタレ漬け)、ノーシンカー、緑のやつです。

 

ライギョは確かに見えていました。

 

その近くに何投かしても反応がありませんでしたが、浮いてた丸太の下を通したら、何か泡が浮いてきた…

 

スポンサーリンク
 

 

ラインは、走ってる。

アワセ!きましたライギョ!なんか引きが弱かったのでタモなしで抜きあげてしまいました。

f:id:brobroski:20180109161825j:plain

お腹見せて横たわりました。わーこんなの初めて!

 

とりあえず写真におさめます。これ傑作ですね。降参のポーズ。なんかケツのポチがデベソみたいになってていい味出してます。

 

メジャーをとりに行きます。暴れまくっとる!元気やんけ!なんとか自力入水までに間に合います。

 

さて測長測長。

 

ええ?

f:id:brobroski:20180109161946j:plain

これだけ体曲がって65㎝!?デカいやないか君!抜きあげられてほんとに良かった。デベソとか馬鹿にしてすみませんでした。

 

これは推測ですが、私のアワセが遅すぎたのか彼は下あごにフッキングしてました。これが全然引かなかった原因かもしれませんねぇ。

 

上あごにかかった時のライギョはやばいくらい引きますからね。

 

 

 

で、ここからは新しい糸を巻いたタックルの試し投げ。

 

私は、ほとんどすべての用事に釣具を持参します。ですので、使用するロッドはほとんどパックロッドばかりです。

 

サイトの釣りコーナーで紹介している物もパックロッドですね。そうはいっても2種類しか紹介していませんが。

 

そのうち一つはアメナマ釣り専用機の2000円くらいの磯竿ですし。リールを一つも紹介してないのは、安い物を使用しているからです。
 

 

そして、小物釣りとバス釣り(仕事帰りなど)に使っているライトタックル兼用のロッドは、釣りコーナーでは紹介していない、これまたトラギアのパックロッドです。(これはまたいつか紹介しましょう。)

ターゲットに合わせてリールを付け替えて、PEだったりナイロンだったりで使用します。デカバスだとちょっとつらいですが。出張のお供です。今日試し投げに使ったロッドです。​

こういうのが1本あると釣果が全然変わってきます。いつでも釣れそうな場所見つけたときに釣りできるし、アウェイでの釣り方もわかってくるもんです。

私がパックロッド野郎になったきっかけは、神奈川在住時代、車を持たない生活をしたことでした。

チャリで数キロ走って釣りに行くので、1ピースはもちろん2ピースですら邪魔になり、そして都市部を横切るので恥ずかしかったんですね。

でも、パックロッドならでかいカバンなら釣具と分からないように複数持ち歩くことができます。

おかげで色々そろえたパックロッドが、仕事に行くときの車に積んでおけたり、職場に隠して持って行けたりするので重宝しているのです。

ロッドやリールより、糸の選択は釣果に直結するものだと思います。これについては今後コーナーを作っていこうと思います。

私は結構変な糸の選択をしていますが、まあそれなりに考えた結果なのですよ。

で。試し投げ。糸巻き替えただけですが。飛ぶ!飛ぶ!君はPEラインですかっていうくらい。まあ、そんなに遠投して小物釣ることって滅多にないんですけど、ニゴイが沖にいるときはあります。

実は前まで、糸短くて下糸巻いてなかったので、スプールから糸出るときにだいぶ抵抗があるくらいしか巻けてなかったんですよ。

ナイロンは傷みやすいです、頻繁に巻き替えしましょうね。