Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ニゴイングでマブナ釣れてしもた。フニングかよ

スポンサーリンク

このまえ60センチオーバーのニゴイを釣り上げてから割と味を占めている感じになってるニゴイング。別に大きなものが釣れなくたって数が出ますし、引き味もコツコツって頭を振る感じが楽しい釣りであります。

 

ニゴイって言ったらヘラ釣りや鯉釣りのジャミ、シーバス釣りの外道といった感じで扱われることが多いですが、何がその外道感を出しているのかというと、釣れ出すと数が出過ぎる事とか、小さいのが湧くことが多いからでしょうかね。

 

スポンサーリンク
 

 

そんなこと言ったら雑魚釣りが競技化してたりキス釣りが競技化してることが意味不明になります。鯉に似ているというからニゴイという真偽不明の名前の由来がいけないのでしょうかね。ともかく今日はニゴイ釣りに行きました。

​バスブームの頃はナマズが圧倒的に外道扱いされていた、そして今専門で狙う人が多いポピュラーな釣りとなったことを考えるとニゴイに光が当たることもあり得るのかもしれません。

ポイントは河川です。仕掛けは昔目場リングに使ってたロッド、道糸にタル付きオモリ、ハリス付き鯉鈎10号、小さなミミズ型ワームの汁漬けです。シンプルです。

狙ったポイントに投げたら、しばらく放置。ちょっとさびく。この繰り返しです。しかしこの日は釣れません。粘り強くポイントを広めに探ってもなかなかヒットしません。釣れないニゴイングってつらいです。

ポイントの端の方まで来てしまいました。ここはよくヘラ師が釣りをしている場所です。もう既にこの時にここで釣れる予感はあったんですが、いきなりヒット!

​デカい!これはまたランカーか?と思ったらチヌみたいに底に向かってぐいぐい引きます。ニゴイの引きじゃない・・・?ドラグを出しながらのファイトになります。上がってきたのは彼でした。

f:id:brobroski:20180118122550j:plain

マブナです。40超えてます。引きは尺メバルなんてもんじゃなく、チヌでしたね。ニゴイの外道でフナ釣れたなんてフナ釣り師の人に言いにくい珍事ですよ。

去年もそういえば、汁漬けワームで45㎝くらいのフナ2匹を釣り上げる奇跡を起こしましたが、またやらかしてしまいました。あの時はライギョ狙ってたから竿は強かったんですけど、今回の小物用のヘロヘロではファイトは楽ではなかったですね。

結局この日ニゴイが上がることはなく、たくさんの汁を消費して納竿となったのでした。チニングがありならフニングもありなのか?しかし釣法は見てもらえばわかるように「そこまでやるならエサでやれよ」と言われること必至の超メンドクサイ方法でつくられたワームを使用します。流行ることはないでしょう。