Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

梅雨のナマズの高活性はもはや異常

スポンサーリンク

先日、自己記録更新をやらかしてしまったワームでのニゴイ釣り。味を占めてしまい、またあの60㎝オーバーのニゴイが釣りたい!と言う衝動に勝てず、今日も「ニゴイング」です。やり方も先週と同じです。

先週リグったままおいてあった仕掛けをまた使います。横着ですね。こういうことをするとラインブレイクが増えるのでやめましょう。最低でも糸が傷んでないかはチェックしなければなりません。

​ポイントは、ニゴイの実績がある場所なんて山ほどありますから、適当に選びます。ただ前回デカいのが釣れたポイントは瀬になっているちょっと浅いところだったので、そこに似た雰囲気の所に入ります。

 

スポンサーリンク
 

 

瀬になっている所。去年オイカワ釣りをした辺りに到着しました。​実釣開始です。ニゴイは小さな汁漬けワームならミミズ並とはいかないまでも、かなりバイトが多いです。放置でもいいですが、少しさびいてやると釣れることが多いです。水中の姿というのは見えにくいので、サイトフィッシングになることはあまりないと言っていいでしょう。

早速アタリが来ます。ワームの先を咥えて走るので、ここでも待ちます。半分向こうアワセです。これでも飲まれることは滅多にありません。ききアワセをしても重みが逃げなかったら巻きアワセをして上げてくる。これでスカが減ると思います。ポンポンと調子よく20センチ前後のニゴイが釣れました。

 

f:id:brobroski:20180118120829j:plain

気持ちよくニゴイを釣っていると、釣れたニゴイのバシャバシャという音に反応したのか、ナマズがヌッと現れるのが見えました。汁ワームをデカいのに変えてフォローをしてやると・・・着水と同時に食いました。どんだけ活性高いのよ。

​先週の巨大ニゴイに勝るとも劣らぬパワーです!ニゴイングは弱いタックルでやってるので慎重にファイトし、鮒用のタモになんとかぶち込んでランディングです。はいきましたナマズさん!去年はあまり釣れなかったのに今年は君ばかりですね!

f:id:brobroski:20180118120925j:plain

惜しくも60に届いていませんが、ナマズさんはサイズじゃないんです。カワイイから釣れたらもうそれでオッケーです。

それにしても、釣ってるニゴイを食いにどこからともなく現れて、ワームを変えてポチャンで一撃なんて、どんな高活性なんだと思いますよね。これ昼間ですよ。梅雨のナマズ恐るべしですよ。

鈎が鯉鈎10号と小さかったのでこのファイトでワームは飛んで行ってしまいました。残念。​口の横のやわらかいところにフッキングしていました。飲まれなくてよかった。無事にナマズさんにはお帰りいただけました。

その時のターゲットでない魚を釣るのは邪道だと思われるかもしれませんが、私はこういうハプニングが釣りの醍醐味のひとつであるとも思っているので邪道でもやりますよ。タックルがあまりにも弱かったらさすがに持ち替えますけどね。