Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ニゴイングのランカーは何センチからですか?

スポンサーリンク

最近はバス釣りにばかり頭を悩ませて(バスはあまり釣れていませんが)試し投げでナマズとか試し投げでライギョとかそんなのばっかりでちょっと気分転換がしたくなりました。

今日のメインターゲットは、

「ニゴイ」です。

ルアーを使って釣ります。巷では「ニゴイング」と言うとか言わないとか・・・?といっても、リバーシーバスを釣ってるような人たちがやってるニゴイングとは全然違います。

この「ニゴイング」を、新ワーム考案コーナーの続きとしてwebサイトのコンテンツにしていこうと企んでいるのです。エサより手が汚れるスーパーワームですから、ご一読いただければ面白いと思います。そこまでやるならエサでやれ、を地でいく感じですね。ちなみにエサでニゴイ釣るのも楽しいですよ。

 

スポンサーリンク
 

 

仕掛けは「タル付」に「鯉鈎」の私流アメリカナマズスタイルです。エサを臭いワームに変えるだけ!誘いを入れるのもアメナマとは少し違いますね。誘いはルアーフィッシングのそれではなく、キス釣りの要領で入れます。

いつもなら30cmいくかいかないかくらいのニゴイがポンポンと釣れて終了になるのですが今日は違っていました。

 

いつも通りにニゴイングを開始します。この日は水が澄んでたのでギラッとニゴイが光るのが見えたりします。その方向へ秘伝の臭ワームを投入していきます。

誘いも忙しく入れませんから、ほとんどブッコミ釣りに近い釣りです。別の場所で見えてたらワームを新しくして打ち返す。独特のテンポで進みます。

向こうアワセでちっこいニゴイが数匹あがった後、デカい見えニゴイを発見。ニゴイとは思えない大きさです。ロケットみたいなので、鯉ではないと分かるんですが・・・

浅瀬をうろついているようです。まだ釣ってないのに「マジで?」って思うくらいのサイズです。

見えているニゴイの5メートルくらい先にワームを放り込み、さびいてススっと口元に近づけます。

グルンと反転してワームに食いつきました!お前はナマズか!っていうくらい獰猛で見事なバイト。

食ってからがまた凄い!ニゴイとは思えない走りにトルクのある引き!どうせでっかいの釣れないからとフナ用の網しかありません、なんとか足元まで近付けるまで2度引き、3度引きで走られました。

​全然網におさまりきらずに体の半分くらいは身を出した状態でネットイン、ランディング成功!出たー!ニゴイ自己記録更新です!

f:id:brobroski:20180117141235j:plain

尾びれの上が61㎝にかかっています!60upです!口元には追星がびっしり。ちょっとキモいくらいです。婚姻色のオスなんですね。何だこの大きさ。私はもう笑うしかありませんでした。

ニゴイは水系によってずいぶん大きさに違いがあるようなので何とも言えないんですが、これはランカーだと私は思いました。ニゴイ釣り大会なんて聞いたことないけど。

これからはニゴイを真面目にルアーで釣るリグとか考えていこうと思いましたね。まぁニゴイはなぜか私の考案したワームで釣れまくるのでこれでもじゅうぶんなんですけどね。

 

これはすごく面白い釣りです。このサイズといつものチビとの間のサイズのニゴイは今までほとんど釣れたことがありません。何故でしょうか?デカニゴイを選んで釣れたら超凄い釣りですよ。