Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

今年2017年はナマズ絶好調!去年の苦戦は何だったのか

スポンサーリンク

先週もナマズを釣り、先々週もナマズを釣り、ナマズに関してはノリにノッている私です。昨日バス釣りに行ってロクマルの後遺症に悩まされた結果、チープタックルで変な釣り方をして少し新たなチャレンジをしていこうと決めたわけですが、ナマズに関してはもう釣れただけで大喜びの私ですから、釣り方は変えません。ニオイ付きワームで釣っていくスタイルです。

ただ、新しくバスタックルに加えようと思っている新しいチープタックルにフローティングのビッグベイトや何やらも混じっているので、今後その辺のタックル・ルアーを使ったナマズ釣りにも挑戦するかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

新しい構想を練るときっていうのは楽しいですね。という訳で、今日の釣行記に行きますよ。

 

今日は何を釣るか決めずに、オイカワなどの小物からライギョもバスもナマズもフナも鯉も釣れる中規模河川に行きました。ここはすいていてGWでも釣り人がいません。美味しいポイントです。

​久しぶりに来たので、見える魚をチェックします。流れ込みには鯉が集っていましたが警戒心が強く、パンプカな感じではありませんでした。一応釣り場の最下流と(私が勝手に)決めている堰の下の濁流を覗いてみます。

いました、やる気のあるナマズがすごいスピードで泳ぎまわっています。これは釣らなければ!すぐに見失ったのですがこれは絶対回遊して戻ってくると確信し、久しぶりに私が開発した秘伝のタレをつけたヤマセンコーをピンセットで取り出し、ゴム手袋をしてワッキーでリグります。リグはジグヘッドワッキーです。

ちなみにニオイ付きワームは激クサでしたが特に腐ったりはしていませんでした。

リグ選択の理由?何でも釣り用シーバスロッドに偶々はじめからジグヘッドがリグってあったからですよ。私は難しく考えて釣りするのはあまり好きではないので。

リグり終わったらナマズはとうに見失っていましたが、15分ほどキャストもせずに見守っていると現れました、なかなかのサイズのナマズさんです。また「前打ち」です。さあ、1投目!ナマズの50㎝先にボチョンとニオイ付きワームを投入します。

食うのが見えました。口から半分ワームが飛び出していたので2秒ほど待って、アワセです!乗りました!堰の下の濁流といってもどシャローです。珍しくナマズさんのファイトでジャンプ(もどき)を見せていただきました。

ナイロンも4号ならナマズは余裕でゴリ巻きです。足場が高いのでタモを伸ばして無事タモ入れ。やったー!

 

f:id:brobroski:20180114223730j:plain

60cmの、前回に続いてお腹がパンパンの重たいナマズです!これまた前回に続き、私のフックは横向きに掛かっていました。ただ前回と違うのは、釣りが盛んな川ではないので釣られた形跡の一切ない本当に美しいナマズだったということ。しつこいけど本当に美しい魚体でした。

恒例のご尊顔です。今回は美しい魚だったので真正面からです。ヤスリ状の歯もいいですねぇ、カワイイですねぇ。

f:id:brobroski:20180114223822j:plain

萌えー。なんてかわいいんでしょう。こんなかわいい魚がこの世に存在してもいいのでしょうか。飼いたい…でも60㎝は飼うのは少し可哀相です。私の家にいま120㎝水槽を設置する場所はありませんしね…

今後、ルアーでの釣りをどう展開していくかは考え物ですが、基本ナマズでも昼に釣りをするのでトップウォーターはちょっと効率が悪いです。状況によってはナマズ狙いでもビッグベイトやキャタピーなんかは投げようと思っていますが、それはそういう場面に譲るということで。

ナマズの場合、魚が見えていたら、やはり前打ちをしたくなります。一番確実に釣れる方法ですからね。

バス釣りに新たに導入するチープタックルはMHのベイトタックルになる予定ですから、ラバージグや大きめのジグヘッド、そしてたまにトップという感じになっていくでしょうか。いや、まだまだどうするか全然決まってないんですけどね。

​釣れたらレポしますので、ごゆるりとお待ちください。