Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

2017年、ライギョに春きたる

スポンサーリンク

昨日はいよいよ春らしくなったということでルアーフィッシングを開幕し、見事ナマズを狙って釣り上げました。そんな事情があって、今日は調子に乗ってじゃあそろそろライギョも開幕かな、と思い立ちまして、去年ライギョが溜まってた一級ポイントを目指しました。

今結構釣り人の多いエリアなのですが、みんなゴールデンウィークに備えてなのか、釣り人の姿はまばらです。無事に狙い通りの場所に入ることに成功しました。

 

スポンサーリンク
 

 

早速、某村田プロのごとくぶっといラインをまいたスピニングを準備。ロッドはシーバスロッドです。正直こういう風に組んでおけば、ここに生息している魚ならすべて対処できます。ちょっと奇怪なスタイルなので周りを注意深く見ている釣り人からは変な人に映るかもしれませんね。

変なスタイルになっていくのには理由があって、釣りものを選ばないでちゃんと釣り上げるなら荷物を少なくしていくとこういう風になるってことですよ。

 

さて、ポイントは足元。草が溜まっている所です。ライギョはいるのやらいないのやらわかりません。とりあえずヤマセンコーをアンダーショットワッキーでリグります。リグっている途中、

「バフ」

控えめな音でしたがこれはライギョの空気呼吸の音です。足元を覗くと、ああ、いましたよライギョさん!会いたかったよ!

早速「前打ち」です。口元にヤマセンコーを落として放置してみます。すると、なんか後ずさりするように離れていきます。落ちパクはならなかったようです。ではシェイクを開始しましょう。

ヤマセンコーをゆらゆらさせると、また寄ってきました。しかし食いません。まぁこっちの姿も丸見えだし、そんな簡単にはいきませんねぇ。

ワームと見つめ合った後、草の中に逃げて行ってしまいました。ここで私はアンダーショットのシンカーを切り、ノーシンカーに切り替えます。ライギョは隠れているつもりなのか知りませんがまだ丸見えです。

今度は必殺水面叩きです。ライギョが隠れているつもりの草のあたりをワームでぺちぺち、と叩きます。

「チュバッ」

何かゆっくりでしたが、食いました!フッキング!ライギョが反転してドボォっと音が出ますが、走らせることなく即タモ入れです。

​ほらあがってきましたよライギョさんが!2017年初ライギョです!

f:id:brobroski:20180114111904j:plain

フックは唇のギリギリのところに掛かっていました。あぶねー、でも硬いから外れないんですよね。フッキングが甘いとバラしてた可能性が高かったです。

もうこれで満足してさっさと家路につきました。昨日のナマズ狙いと同様、ちゃんとライギョ狙いでライギョ釣り上げたので自分の中では完璧だったので。家でミミズ箱いじったりいろいろやることがあったし。

さてこんな感じでまた今年もライギョ開幕です!実は、まだバスを釣っていない…気が向いたら狙いましょうね。あわてる事なんかありません。去年デカいのいっぱい釣ったからバスは結構満足してる部分があって、開幕はいつになるかわかりません。

これからオイカワが婚姻色を出す季節になるので、その辺も狙っていたりします。いつか必ず、っていう感じですね。できれば今年の内に釣り上げたいものです。