Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

寒い中近所でガチで五目釣りした釣果がこれ

スポンサーリンク

2016年も12月になってしまいました。時が過ぎるのはあっという間です。充実してればね。

というのも、釣りにも行きづらく、都会で、あたふたするばかりで中身のない事がメインの仕事をしていたころはとんでもなく時間が過ぎるのが遅いと感じていましたから。

転職して仕事の傍らこうして(ここ以外にも)複数のwebサイトを運営しつつ、かつ時間があれば釣りに出かけるという生活は充実しすぎて少し疲れるくらいですが、とても楽しいです。

さて、どうでもいい話はどうでもいいのでここまでにして、今日も釣りに行ってきましたよ。

延べ竿五目釣りスタイル、狙いはマブナ・ニゴイといったところでしょうか。まあ何でもいいんです。

 

スポンサーリンク
 

 

エサは、釣り用ミミズ箱X2で元気に生き残っているミミズです。

じっとウキを眺めるスタイルなので、かなり厚着をしていきました。釣り用の指先が出せる手袋もここでは大活躍です。

まあ、釣りではミミズとか練りエサ使うと毎回洗わないといけないので、すぐに傷みます。安い物でOKですよ。ルアーのときは私は基本的には素手です。

これは扱いやすさの問題です。慣れればいけるんでしょうけど、なかなか手袋して遠投とかできません。不器用です、はい。

 

冬でもこのスタイルはあたるとデカいニゴイがたくさん釣れるんですが、今日はアタリもサワリも全然来ません。

せわしなく場所を移動し、結局はよく行く流れ込みの横に陣取ります。しかし、釣れないなぁ。

寒いせいか、だんだんムカついてきたので流れ込みの目の前にポコンとミミズを落としてやりました。

なんか引いた!エサを取られてしまいました。こいつは絶対釣ってやらねば、と小さいミミズを針にセットし、再び投入します。

おお、アタリがある!幸せ!でもエサを持って行かれるばかりです。ここで変な確信を持ちます。

「ブルーギルではない、ブルーギルなら鈎ごとのんでしまうはず」​

生き残っている中で一番小さいミミズをセットし、これで最後とばかりに流れ込みの目の前に投入。

かかった!よし、おお、意外とデカい?何が上がってくるかなー?

・・・は?

​マジで?

f:id:brobroski:20180113091316j:plain

私はギルに何十分も費やし、試行錯誤しながらせっせと給餌し、やっとの思いで釣り上げたのでした。

魚に貴賤はないと思っていますが、悲しいなぁこれは。アタリも小さいし食いが浅いもんだから、何か珍しい魚に違いないから釣ってやろうと決め込んでいました。

こいつではないと思っていたのもあって、一気にやる気が失せました。撤収です。

冬の当サイトのブログはこんな釣果の時でも題材にして更新していかないと、更新ネタもありません。まぁ仕方がないですね。

先週のロクマル事件があったので非常にしょぼく感じますが、あれも、これも等しく釣りなのですよ。ガッカリして悲しくなるのも、また釣りの楽しみであります。

これからは飼育しているミミズや錦鯉の話題が増えていくと思います。はい。冬は冬の趣味があるので、釣りの頻度は減ると思いますが、これからもよろしくお願いいたします。