Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

バラグル段差の底で晩秋の良型マブナ

スポンサーリンク

見事に土日だけが雨になると凹みますね、でも釣りには行きますよ、凍える寒さでなければね。

今日は暖かい!のでじっとしてられる釣りも余裕だし、グルテンが余ってたので、昨日のダンゴでの鯉釣りで使いきれなかったダンゴと合わせて釣りをしよう!

というわけで半ば状況に釣りものを強制されてバラグルセットの釣りをしてきました。

とはいっても、私はこういう釣りをするからと言ってヘラブナが釣れなきゃ嫌!という事はないので、まぁ何でも釣りの五目釣りなわけです。

 

スポンサーリンク
 

 

だいたい、ダンゴは大ごいとコイミーですからヘラ狙いとはいえませんね。

釣り場に到着して、まずダンゴ餌を作ります。昨日はブッコミだったのでかなりかために作りましたが、今日はパッケージの推奨より1割増しくらい水を入れて柔らかく作り、下鈎のグルテンで釣ろうという作戦。

さて、到着したのは下手するとフナより鯉の方が数釣れるとヘラ師に恐れられている場所(大袈裟)なので、強めの万能竿に3号の道糸、2号のハリスで挑みます。

​流れのほとんどない川のワンドで、タナは段差の底で実釣開始。

​ヘラブナ釣りのページでは紹介していませんが、好きな釣り方です。

 

30分ほど経っても全くサワリすらありません、こりゃ、ポイント選び失敗したかな?と思いはじめたとき、多分小さなニゴイがアタリました。アワセはのらず、すっぽ抜け。

ああ、ニゴイタイムが始まるのか?と思っていたら、またぱったりとアタリが止みます。

こういう時よく鯉が釣れるのがこの場所。サイズはそこまで出ないんですけどね。

いや、2号ハリスではあまりデカ鯉とはファイトしたくないですけどね。70超えてくるとやっぱり3号は欲しいです。

とか思っていたのはその時だけで、結局アタリはニゴイとみられる1度だけで、エサが使いきれないとかいう意味不明な理由でイラついてきたので場所を移動します。

​今度はダムへ行きます。私はこうしてフナ釣りでもチョコチョコ場所を移動する、落ち着きのない人間です。

エサ打ちをしていると、すぐにニゴイが釣れました。(撮影してないので、写真は無しです)

ああ、これならエサ使いきれるぞ、とこれまた意味不明な喜びを感じます。

そうして5,6匹ほど小さなニゴイを入れ食いで釣ったところで、アタリが止みます。これですよこれ、これは集っていたジャミが逃げて散ったってことです。

サワリが出ました。ほら、フナが来たぞ、フナなんだろ?マブか?ヘラか?とブツブツ独り言を言う私。

めっちゃ怪しいですが周りには誰もいなかったから許してください。

サワリを眺めていたらツンアタリが来ました!アワセ!おお、デカい!?延べ竿でフナが久しぶりなので大きさの感覚が鈍っていますが、小さくはないはずです。

あがってきました!マブナです!約37cmありましたよ!嬉しいですね。

f:id:brobroski:20180113085504j:plain

昨日の鯉もそうでしたがちょっと色艶悪いです。冬の魚はなんかこういう風に濁ってる奴多いですよね。鱗もはがれた跡があるし、何度も釣られた歴戦の勇士なのでしょう。

写真で見ていただける通り、この1匹目のフナが釣れた時点でもう暗くなり始めていましたし、エサがもうほとんどなかったので、もう一投して使い切って、ここで撤収です。

やったぞ、エサも使い切ったし、大満足です。(今日はそればっかり考えていました、アホらしい)グルテンはまだ残ってるんですが、小分けパックのやつなので来年まで置いといてもいいし、やりたくなったら両グルテンでやればいいし、ちょうどいい感じで終われました。

​ヘラスタイルでの釣りはいつだったか接待で行って以来だったので、とても楽しめました。もう今から乗っ込みが楽しみですね。