Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ひと月振りのバス50up、今年7本目!

スポンサーリンク

昨日はバスを狙ってデカライギョが釣れるというハプニングがあったわけですが、今日もまたバス狙いです。

 

これと逆のことを一度やりましたね、ライギョ狙いでデカバスが釣れて、翌日またライギョ狙いで釣行してライギョを仕留めたっていう2日間が。

 

あの時はしっかり2日目に狙いの魚を仕留められましたが、今回の結果は如何に!?というわけです。

 

まあ、昨日に関しては一応子バス釣ってるので少々状況が違いますが、釣りに行く前は、これでデカバス仕留めたらちょっとカッコイイよね、と思ってました。

 

スポンサーリンク
 

 

とはいえ最近webサイトいじり過ぎて(ホームの更新履歴を参照してください)徹夜続きだったので昼過ぎまで寝てしまい、結局夕方からの釣行となりました。

 

まあ、夕マヅメに間に合ったんだから良しとしましょう。

 

と、言いたいところですがセコ釣りを続けて何も釣れずに、真っ暗になってしまいました。

 

まだうす暗い時間帯に見えバスの目撃が一度あっただけ。これはダメかなぁという空気が流れ始めたその時、目の前でチェイスが起きました。

きましたよ、こういう時のスタッガーです。私のカラー選びの基準は、前にも話しましたが、「釣りしてる場所の水の色に近い物を使う」です。

ノーシンカーで投げ、速めに巻きます。

4投か5投目くらいでしょうか。食いました!アワセを入れます。乗った!デカバスだ!

・・・しまった、タモに手が届かない。仕方なくハンドランディングですが、これはバラシの恐怖と闘いながらになります。

バスがでかいときはやりたくないですねぇ。

足元まで寄せると、フッキングしてる位置が見えました。上アゴバッチシです。これならバレない、オリャッとアゴを掴んでランディング。「やった!」と声が出ましたね。

f:id:brobroski:20180111031805j:plain

おーでかい。口閉じ51cmです!しかも太い。

 

今年7本目の50upです!(うち2本は55up)ロクマルには見放されてる感がありますが、そこまでいくともうフィールドを選びますからね。

 

やりましたよ、別に宣言はしていませんでしたが、この前と逆パターン。バス狙いでデカバス!40upが1カ月以上出てなかったので、喜びもひとしおです。

 

昨日ライギョを釣ったあと、リーダー傷んでたんですよね、ラインチェックをサボっていたらラインブレイクでやられてたかもしれません。

 

1匹釣ったら必ず結束部とリーダーのチェックくらいは最低限しとくべきです。まあ、ライギョが釣れたらだれでもチェックするでしょうけどね(笑)

 

今日はタモを手元に置いとかなかったという反省点がありました。油断すると痛い目にあうのが釣りです。慎重すぎるくらいが、ちょうどいいと思います。