Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

webサイト開設後、初のオイカワ釣り

スポンサーリンク

昨日の事でした。いつもの釣り場についても、釣りをする気にならないのです。

 

どうせ釣れてくるのはいつもの面子。ここの最大の魚である鯉を狙っても統計をとってしまったがために、釣れてくるサイズもだいたいわかっている。

なんかこう、釣り場に到着してワクワクする感じがなかったんです。

 

心の声に素直に従うと、その場は帰るしかありませんでした。嫌々釣りするなんて、誰も得しませんからね。

今年は釣りしすぎたか・・・?疲れてるのか・・・?

 

スポンサーリンク
 

 

と思っていた時、ふと思い出しました。関西に引っ越してきて、小物釣りをして、子ニゴイばっかりで真の小物を釣ってないな、と。

帰り道に、そうだ今日はオイカワを釣ろう。エサはパンでいいか。ボウズでもいいや、釣りをする気になったから。と思い立ちました。

中規模の河川に到着。車に常備の1.5mの延べ竿では届かない所にオイカワが湧いていたので、その場で作った浮仕掛けをリール竿で遠投スタイルです。

 

アタリはあるけど、なかなか釣れない。でも、これ楽しいなぁ。あんな遠くの10cmそこそこの魚に焦がれている。

 

仕掛けは急造の適当もいいところ。道糸に浮きゴムを通して玉浮きをセットし、サルカンをつけて、ハリス付きの赤虫針を結んだだけ。エサはパンのかけらを丸めただけ。

 

その場の思いつきVSオイカワ。

 

軍配はどちらに上がるのでしょうか。

こういう勝負してる感が欲しかったのかもしれませんね。

 

1時間ほど頑張ったでしょうか。ついに来ました!

f:id:brobroski:20180110093117j:plain

やりました!オイカワです。婚姻色のオスのオイカワは、もちろん美しいですが、そうでないオイカワも美しいですね。

 

こんな下手な釣りで釣られてしまったオイカワさんが少しあわれですが、そこは私のアイデアの勝利と言うことで。

 

 

今日はとてつもなく楽しい釣りをしました。釣れた魚は1匹ですが、価値がありました。

 

大きい魚を手軽に釣るのが当ホームページのコンセプトですが、釣りにおいては、大は小を兼ねません。

 

これを工夫しながら何度かやると、私は新しい魚の釣り方を習得するわけです。今日は上達の一歩を踏み出した日なのですよ。

 

そしてこういった経験は、あらゆる釣りに知らず知らずに活かされていきます。

 

報告するかはわかりませんが、オイカワ釣り、少し続けていこうと思います。

 

なにか、「これは!」と思うアイデアが出てきたら「オイカワ釣りコーナー」新設もありえますが、今のところ期待しないでおいてください(笑)

 

「オイカワ飼育コーナー」ができるのが先かもしれませんね。

​​2017/0701追記:「釣り」ページにオイカワ釣りコーナーを設置しました。