Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

フナ系ハプニング

スポンサーリンク

釣りものを決めずに釣り場に向かい、現地で何を釣るか決める -そんなスタイルが好きな私ですが、今日はそこで決まったターゲットがライギョでした。

 

だって、70upのライギョが見えてるんだから!

私は早速、ノーシンカーをリグってGulp!マイクロクローラー(Gulp!-PVA法)をワッキーで刺します。

 

 

スポンサーリンク
 

 

投げます。とうっ!ポチャン。思い切り投げても15mです(笑)

 

ヘコヘコとゴミだらけの水面を引いてきます。

 

食ったッ!うおりゃーと引き寄せます。あれ?小さい?いや小さくはない…何だこれ?

 

えっ

f:id:brobroski:20180109160831j:plain

マブナじゃねーか!しかもでかい!ガリガリ(笑)40超えてる!ハプニングだ!

こんなの滅多に釣れないですよ!やったね!​

ライギョは?どこ行った?

 

狙いがライギョだったのです。大きな鮒はもちろんうれしいですが、ライギョ釣りたいのです。

さっきの騒ぎでライギョがいなくなってしまったかもしれないと危惧しつつ挑戦を続けます。

もう一投。とうッ!ポチャン。食った!デカい…デカくない…小さくもない…

f:id:brobroski:20180109160959j:plain

マブナじゃねーか!しかもでかい!40超えてる!大ハプニングじゃねーか!

 

あのねぇ、いくらGulp!-PVA法といってもフナはワームで簡単には釣れませんよ。言っときますけどスレ掛かってないですからね。

 

ルアー釣りしてて現れる外道では激レアの部類です。まあ、団子と組み合わせればワームでも釣れますけど今回はノーシンカーワッキ―ですよ。しかもデカいワームフックを軽々飲み込んで…

 

こんなの10年に一回ですよ。

 

 

気を取り直して、ライギョがいたところに今度はマイクロクローラーを放置します。

 

30分くらいたったでしょうか。ライギョが戻ってきたのが見えました。そこで私はピクッとワームを動かします。

 

食ったッ!これはデカい!…デカくない…小さくはない…ああ、フナだ…(絶望)

f:id:brobroski:20180109161130j:plain

45㎝のマブナ。尺半上です。これはフナ師にとって一種のステータスです。なんとルアーフィッシングでフナ3キャスト3フィッシュ!

 

こんなこと多分今後一生ないと思います。マジで奇跡です。ああ、私はライギョを狙っていたんですよ。ちなみにマブナ人生最大タイです。

 

こんな風にフナ釣ったらフナ釣ってる人に怒られますよ(笑)

 

 

その後結局ライギョもフナも釣れず。

 

私は釣り場を後にしました。何か納得いきませんが、私は尺半上のフナを釣ったのです!ドヤ!っていう感じですかねぇ。嬉しくなくもないし、大変うれしいわけでもない。

 

フナが湧いてたんでしょうね、乗っ込みでもないのにこんなにフナが湧くなんて、何かあったんでしょう。

 

でも、ライギョもそこに居たんですよ?一応私はしっかり見たんですよ?

 

何かおかしなことが起こっていた、それだけで済まされない奇跡的ハプニングですが、まぁこれも釣り。

 

私は別に大きな魚が釣れれば満足なのです。70upを狙ってたから嬉しさ半減ですが、フナでこれはそれこそ最高レベルの釣りですよ。

 

でもね、次ここにフナ釣りに行ったら釣れないんですよ。それが釣りですよ(笑)

 

外道としてのフナ系ハプニングというのはパンプカ以外ではめったに起きません。

 

私は運がよかったのです。フナ45㎝ですよ?狙っててもそれ釣れますか?なかなかできることではないでしょ?

 

とんだ奇跡の紹介でした