Thrilling Tsurilling

大きな魚を手軽に釣ろう

ワームでニゴイ狙いの、バス47cm

スポンサーリンク

父と親戚のオジサンが朝、64cmのランカーゴイニーを釣ったというので、今日はニゴイルアーフィッシングに行ってきました。

 

この釣りは、「Gulp-PVA法」が最高の効果を発揮する釣りです。ルアーフィッシングですが、放置でも釣れますからね。

 

 

スポンサーリンク
 

 

ヤマセンコーを小さく切って使います。鈎も小さい物を使用するとよく釣れます。

釣行開始。釣れる釣れる!30後半~40前半のニゴイが魚籠に溜まっていきます。

f:id:brobroski:20180108085933j:plain

しかし、60オーバーのランカーゴイニーはかかりません。

しばらくすると・・・かかった!

デカい!これがランカーゴイニーか!と思ったら・・・

 

バスでした。狙ってないとよく釣れるねぇ、君は。前回の釣行で口閉じ57cmのバスを釣ってるので、口閉じ47cmのこの魚を見て「ちっちぇえな」と言ってしまいました。

f:id:brobroski:20180108090047j:plain

人間は欲深い生き物ですね。

 

その後もゴイニーゲームを続けます。

またデカいのがヒット!これはサイズアップ間違いなし!・・・またバス!完全に50upだ!

 

強烈なジャンプ!エラ洗い!・・・バラす!

でもなんかニゴイ狙いだから悔しくない(笑)

 

またニゴイを狙います。しばらくして…ヒット!デカい!走る!おぉ引く引く引く!ドラグが鳴りまくり!

 

・・・バラす!

 

ああ、もうだめだ。やる気が失せてきた。何の魚かも確認できなかった。

 

でもあれは鯉でなければランカーゴイニーに違いない。そう信じ、私はしばらくエサも含めてあの手この手でランカーゴイニーを追いかける日々を続けるのだろうと思います。

 

ニゴイ釣りは本当に面白いですよ!ルアーでも、エサでも!小さいニゴイは暴れるだけで全然引きませんが、40クラスになるとその引きは半端ではないです。ルアーもしっかり食います。

大きいのバラすんだから、まだまだ腕が足りないよなぁと思う反面、バスはまぁ鈎が小さいから仕方ないか、と思いつつ、最後のアレは…ランカーゴイニーだったはず…

今日はもう悔しくて眠れませんね。

何度もこういう思いをするから、釣りをいつまでたってもやめられません。バラすもまた、釣りかな。

 

でもラインブレイクおよびアワセ切れは、だめです。やってしまったら、悔んで悔やんで悔やみきってください。魚に鈎を残した事を大いに反省してください。

 

それらが起きたら、タックルを見直してください。アワセは大きすぎないか、反省してください。

 

ラインは、一匹釣るたびに、根掛かりするたびに、チェックしてください。

 

掛けたら獲る!肝に銘じて釣りをしましょう。